海外へいかなくても自宅でカジノを楽しめる

オンラインカジノのデメリットは出金方法の仕組み

カジノ店内

ネットで遊びながらお金を稼げるオンラインカジノは、手っ取り早くお小遣いを手に入れたり資金作りや貯金をするためにも有効で、副業としてやっている人も増えています。空き時間を有効活用して、ゲームも楽しめるので便利なことばかりに見えますが、デメリットもあるので始める前に確認しておきましょう。

多くのオンラインカジノは外国の企業が運営しているので、賞金や賭け金の支払い用に登録する口座も外国の銀行だったり、国際ブランドのクレジットカードが必要になります。勝ったときに賞金を引き出したり退会するときに残金を出金するための手続きも、外国の銀行や金融機関を通じて行わなければいけないため、時間がかかったり英語で手続きをするのが面倒です。銀行ではなくそのサイト独自の仮想通貨を使っているオンラインカジノもあり、現金に交換するためには手数料がかかることや出金までにかなりの日数を要する場合もあるので、最初に仕組みを調べておくことが大切です。

オンラインカジノの電子決済

大量のチップ

海外サイトであるオンラインカジノには、お金のやり取りに関してのデメリットがあります。円とドルの変換が必要ですし、海外の電子決済サービスを利用する必要もあります。電子決済にも色々と種類がありますが、それぞれにデメリットがあります。基本的に為替手数料が高いことや日本のクレジットカードでの入金ができないことなどです。

最近ではバーチャルクレジットカードという物理的なカードが存在しないクレジットカードも登場していますが、出金には銀行口座への振替が必要になります。他にもオンラインバンキングという方法もあります。これは国内のオンラインバンキングから直接オンラインカジノへ入金する手段です。

しかしほとんどのオンラインカジノでは対応していないことや、出金ができないというデメリットがあります。また入金には全く向いていませんが、出金だけなら海外送金が最も現実的です。銀行によっては出金にかかる手数料が格安になります。